2017年06月21日

喜多嶋舞 最低の女!大沢樹生と息子のDNA鑑定をなぜ許した?

なぜ今頃、内藤洋子、喜多嶋舞が話題に上るか

調べてみた。

2014年の週刊誌を見つけた。


喜多嶋舞 週刊誌.JPG



大沢樹生 16歳長男との父子確率0%

 俳優大沢樹生(44)と女優喜多嶋舞(41)

元夫妻の長男(16)が、大沢と血縁関係が

なかったことを今日24日発売の週刊女性が報じている。


 同誌によると大沢は、不安定な精神状態の長男や、

再婚した女性との間に授かった子供が昨年死産したことで、

自分の遺伝子に問題がないかどうか、長男と2人で今年2月に

DNA検査したという。

父子確率0%の結果が出たことで親権は喜多嶋に移り、

弁護士を入れて話し合っているという。

大沢の所属事務所は日刊スポーツの取材に対して

「個人的な問題なのでコメントは一切出しません」と回答した。


 2人は96年に結婚(※でき婚)、翌97年に長男が生まれたが、

05年に離婚。大沢は08年、喜多嶋は07年にそれぞれ再婚した。



喜多嶋舞写真2.JPG



調べれば調べるほど、喜多嶋舞の男関係が



だらしなく思えてくるし、腹が立ってくる。




DNA鑑定をして、16年間も育ててきた大沢樹生さんが




かわいそうに思えてきた。




息子がそのことを知った時のショックを思うと




オトナは、むごいことをするもんだ、と思うし




とうの、喜多嶋舞は、そのことにダマテンを通している。




一番わかっているはずの当人がこれだ、



ずるいし



腹黒い女だと思う!


大沢樹生.JPG


自分の息子の父親が誰か、一番わかってるはずなのに



それとも、自分の息子の父親が誰か分からないくらい



男と遊んでいたということか?



週刊誌などの報道をみんな信じてはいないが、




次から次にに男の名前が出てくる。




本当の父親は、誰か、明かせない理由が


あるのなら、最低でも、大沢でないことは、



DNA鑑定をする前に(息子を傷つけないために)



云えなかったのだろうか?







そのことを考えるとはらわたが煮えくり返るし

、最低の女だ!!!!と思うのは




私だけでしょうか。




子も持つ母として、最低限やっていいことと



やってはいけないことがある。



それくらいは、人として知ってもらいたいものだ!


posted by トムヤンくん at 12:42| Comment(0) | 話題のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。