2017年06月16日

オリンピックは、アマの祭典それともプロの祭典か?

オリンピックは、プロの祭典、それともアマチュアの祭典??


あなたは、どちらだと思いますか。


新東京国立競技場.JPG



その昔は、オリンピックは


アマチュアの祭典、だった?


今は、プロ化しているので


なんか、モヤモヤした気持ちだぁ!


いつから、プロ化されたのだろうか?


私のつたない記憶では、


バスケットも元は、アマチュア選手が出場してましたが、いつからか、アメリカのドリームチームが出場するようになった。


サッカーは、ほとんどがプロ選手が出場しているし、ゴルフ、テニスなどなどなど



プロ選手がめじろ押しだ?


では、どの大会から変わったんだろうか?


エンブレム東京五輪.JPG
ロス五輪は、提供スポンサー、放映権、チケット収入で成功させた大会だった。


成功させるには、プロ選手の出場が

成功のカギだった!


では、プロとアマの線引きは

どうなってるのだろうか?


例えば、水泳の北島康介選手は、

アマチュアだったのか?

アマチュアの時代にも、たしか

スポンサー契約があって、CMにも

出てたはずだ。

はてなおじさん.JPGみた。


プロとアマチュアの境界
スポーツの世界などではアマチュアとプロは明確に区別されていた。

その最たるものといえばやはりオリンピックだろう。

近代オリンピックが始まった当初、

オリンピックに参加できるのはアマチュアのみに限られていた。

これはオリンピックへの参加者の限定の目的が

あったとも言われている。


アマチュアで、なおかつ国を代表して競技が

できるだけの技量を手に入れるための練習が

できる環境を有するのは、限られた裕福な階級のみだったのである。

しかし、時代が下るとオリンピックは東西冷戦の代理戦争の場となり、

そこではアマチュアといいつつその中身は国からの

バックアップを受けた選手たちでメダルを

独占するような状態になっていく。

さらに時代が下り80年代になるとオリンピックからは

アマチュア規定が消え、プロをも受け入れていくことになるのである。

アマチュアはプロに劣るか?

一般的にはプロのほうがアマチュアよりも

優れているとされるが、それも場合によりけりである。

時にアマチュアの中からプロを超える逸材が現れたり、

アマチュアのチームがプロのチームを

破ったりする光景が繰り広げられる場合もある。

代表的なものとしてはゴルフの石川遼が上げられる。


彼は若干16歳のアマチュアにして、プロツアーで優勝している。


また、2011年には東京マラソンにおいて男子3位の成績を

残した埼玉県職員もいるほか、

毎年開催されているサッカー天皇杯ではプロアマ交じり合ったチームが

激突し、時にアマチュアのチームがプロのチームを破ることもある。

ある意味当然といえば当然なことなのであるが、

プロはアマチュアからしか生まれてこない。

誰でも最初はアマチュアから始めるものであり

、優良なアマチュアの土壌がなければ優秀なプロも生まれない。

そう考えればアマチュアのトップクラスがプロを

破っても不思議ではないのかもしれない。



そして、最近プロからアマチュアに転向する選手が現れた!




【ボクシング 高山勝成】高山がアマ転向へ=初の4団体制覇、

東京五輪目指す―ボクシング

 プロボクシングで日本選手初の主要4団体制覇を

遂げた世界ボクシング機構(WBO)

ミニマム級チャンピオンの高山勝成(33)=仲里=が3日、

プロの競技を離れ、アマチュアに転向して

2020年東京五輪を目指すことを明らかにした。

保持する世界王座は近く返上する。


 びっくりするニュースである。

陸上写真.JPGアと呼ばれる競技はあるのだろうか?



陸上は?卓球は?バドミントン?は、たぶんアマチュアだろうと思う。



東京オリンピックの新競技、野球は、今のところ、プロでいくだろう?


野球ソフトボール.JPG


空手は、アマチュア。スポーツクライイミングは、プロ。サーフィンもプロ。

スケボーは、アマチュア?


スケボー.JPG



ますます、わからなくなった!



どなたか、教えてくださ~い?(^-^)v



ご意見、ご感想をお寄せください?


posted by トムヤンくん at 19:21| Comment(0) | 話題のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。