2017年06月23日

小林真央さん死去!海老蔵さん記者会見 最期に【愛してル・・・】と息を引き取りました。

23日、市川海老蔵さんが
小林真央さんの【訃報】の記者会見を開いた。


海老蔵さん記者会見.JPG
出典;海老蔵さん記者会見



その中で、亡くなる直前【最期の言葉】は、
信じられないことかもしれませんが、
『愛いしてル・・・』でした。



最後の『ル』は、はっきり聞き取れませんでしたが、
と涙を流しながら、インタビューに答えた。



今、海老蔵さんは、舞台中なため
昼と夜の2回公演を行っている。



その日も、公演や練習のため夜まで
舞台にいたのですが、真央さんのお母さんから
「ちょっと具合が良くない」という連絡があったという。



急いで、帰宅すると2日前は笑顔だった真央が
話もできない状態でした。



その間、子供たちは、一時も母親のそばを離れず
側にいたそうです。


そして、信じられないでしょうが
最期に『愛してru...』とひとこと言ってくれました。
最後の「ru」は、はっきり聞き取れませんでしたが・・・。



麗禾は、母親のことがわかってると思いますが、
勸玄は、たぶんわかってないと思います。
その後も、手や足をさすっていましたから、、、。



ちょうど、これから、母親のが必要になる時期を
迎えますが、母親の代わりはできませんが、
せいいっぱい僕なりにやりたいと思います。



家族と共に、「かけがえのない時間を過ごせて』
本当によかったと語った。




小林真央.JPG
出典:真央さん最後のブログ写真



2014年10月21日に乳がんの宣告を受けてから
2年8カ月の闘病生活でした。

昨年9月1日に始めた自身のブログ「KOKORO」を
開設し、闘病生活を克明に記してきた。







はじめて投降した言葉
《力強くよく人生を歩んだ女性でありたい》
《子供たちのために強い母でありたい》には、
並々ならぬ決意を感じました。





その後もブログを見てくれる人たちの応援を受けながら
読者に勇気と希望を与えてきました。
そんな真央さんの優しさは、本物でした。


海老蔵さんは、会見を開いた理由について、
「ブログやアナウンサー時代から応援していただいた方へ
報告したい」から。



最後に、『ずっと真央は、みなさまのそばにいると思います」と
会見を締めくくった。





会見を聴いて、真央さんも、海老蔵さんも、お二人とも
「ひとにやさしい!」し、海老蔵さんが何度も口にした
“愛”を感じました。



「愛は、地球を救う」という番組がありますが、
『愛は、人を幸せにする』ことを学びました。



ありがとう!真央さん、海老蔵さん
心から、ご冥福をお祈りいたします。















posted by トムヤンくん at 19:44| Comment(0) | 注目のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訃報】小林真央『人生で一番泣きました』市川海老蔵!嘘であってほしい?

悲しみに包まれて【訃報】小林真央さん


『人生で一番泣きました』海老蔵さん!



訃報 小林真央.JPG



この写真が、真央さんの最期のブログの写真になりました。




嘘であってほしい、と何度も思いました(泣)




どんなにかつらかったでしょう。




今朝7時54分の市川海老蔵さんのブログ




『人生で一番泣いた日』、『マスコミの方お察しください』




には、胸騒ぎがしました。





まさか!まさか!




たぶんそうじゃないよね、




なんかのまちがいだよね、と自分に言い聞かせながら




続報を待ちました。





11時過ぎ、速報(ニュース)がながれました。





【訃報】の一文字!






こういう時は、ネットの非情さ(?)を感じます。





そっと、していてくれたらいいのに、、、と思ったり。







海老蔵さんが午後2時半に記者会見をする、




それまで、待てないのでしょうか?




マスコミもある意味、残忍ですね。






海老蔵さんの今朝のブログには、




「朝のお茶は体にしみる」とか



「「台本を覚える」」と普段通りの朝のブログでした。


ここには、海老蔵さんの自分に対する厳しさとやさしさを



感じます。


そして、小林真央さんのブログは、



3日前「オレンジジュースが自分で絞れません」を



最後に途絶えていました。






それも、ちょっと気になりました。






何の変哲もないブログですが、自分で絞れる力もなく



なにもなければと、読者は、心配しました。





それでも、真央さんは、




読者に「笑顔になれることがありますように」と




読者を気遣う気持ちに、真央さんの優しさを感じます。





最近は、体調が思わしくなく、顎にガンが転移した




直後に、在宅医療に切り替えたため、




【終末医療か?】とささやかれました。







今朝2時過ぎのツイッターで



「小林真央が姪だ」という唐沢貴洋弁護士が




『姪の小林真央が亡くなった』とツイートしています。




この時点では、家族も公表していないので、




唐沢氏のフライングか最低の行為としていました。
(今思えば、売名行為ともとれます)



このツイートには、「家族への配慮がなさすぎ」など



批判が殺到しています。






また、午後2時半からの、海老蔵さんの記者会見で




本当のことが聞けるのではないでしょうか。





これを聖域として、待ちたいと思います。


posted by トムヤンくん at 12:39| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊田代議士 暴行事件『この女、凶暴につき』逮捕か?!

22日発売の「週刊新潮」が報じたことを受けて、



豊田真由子の事務所は、22日、




報道陣の取材に応じ、週刊誌の内容を大筋で認めた。



豊田真由子.JPG




事務所の元事務局長に取材ができた。。。




大枠、次のとおりである。



Q;報道の内容の事実関係はーーーー?


A;「事実じゃないですか。多少のずれは別にして、

   幹はあっている」


Q;元秘書のケガは、報道のとおりなのか?


A;「診断書に全治何日というのは入っていない。

   心の傷の方が多いんじゃないですか」

   

Q;元秘書とやり取りしているのか?

A;「しています。謝罪を」



Q;今後はどう対応しますか?

A;「相手が許してくれるまで、こちらの誠意を示すしかない」





元事務局長の話のポイントは、


豊田代議士は、『本人が人間できていない。我慢強くない』



ある。




このように、人間できてない人を選んだ有権者も



どうかと思うが、やはり、東大出身者に弱い、と思うが



こんな人間が議員バッジをつけてることに




憤りをおぼえる!






などなどあるが今は、事務所側が取材に応じているだけで



本人のコメントは、一切ない。





こういう事は、早い対応が望まれるのに・・・






病院にでも駆け込むつもりなのか?



政治家は、こういう手をよく使うので



かけ逃げするかもしれませんね。




議員の進退問題や自民党からの除名も含め


処罰すべき事件であるし、



ネットに苦情や批判が続々寄せられている。




実際には、あのICレコーダー(音声)を聴く限りでは



事実から逃げられない証拠があるので、




辞職は、免れないし、傷害事件にもなりかねない。




私も、昔、希望退職に応じたことがあった。



当時の社長との個人面談で、退職の条件を話しあうとき


胸ポケットにICレコーダーを忍ばせたことがあった。



ばっちり、記録されてました。



結局、円満退社できたので、ICレコーダーは不用でしたが、、、(笑)



みなさん、このようなときの音声(記録)は、証拠になりますから


おススメです!






とにかく、横田真由子の暴言・暴行は、許しがたい!



東大出身の高級官僚として、あるべき姿ではないし



許されるべきことではない。





一応、昨日のニュースで




「自民党に迷惑をかけたくないという理由で」





離党届を提出したとのこと。





それは、あたりまえだが、




記者会見を開いて、議員辞職をすべきだと思うが



いかがなもんでしょうか?



その前に、この女『凶暴につき』逮捕もありうるかも?



ご意見、ご感想があればお寄せください。


posted by トムヤンくん at 10:25| Comment(0) | 注目のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。