2017年06月22日

安部チルドレン 豊田真由子代議士【異常者】の『暴言・暴行』音声とは!?

安部チルドレン、豊田真由子代議士『暴言・暴行』



異常者像が暴露された!(音声テープ)新潮社が入手。




提供元:【週刊新潮】凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声

聴くに堪えない音声テープである。





身の毛のよだつ、暴言と暴行は、異常者としか思えない



ひどいもんである。




音声は、秘書への「絶叫暴言&暴行傷害」である。





豊田代議士の暴行を告発したのは、彼女の事務所で



政策秘書をしていた男性(55)である。





殴る蹴る、ハンガーでたたくなど断続的に暴行が


行われ、男性は「顔面打撲症」「左上腕挫傷」などの



診断書がだされている。




男性は、6月18日付けで秘書を辞めているが、



代議士は、男性秘書に「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろか!」



「お前の娘にも危害が及ぶ」と暴言を吐いていた。






言い知れぬ恐怖を覚え、車内の様子をICレコーダーに



録音した(男性秘書)




これを「週刊新潮」編集部が入手、約40分の音声である。



聴いてみると、車を運転する秘書へ豊田代議士の罵声と


暴行の証拠が記録されている。



豊田真由子代議士資料1.JPG
提供元:豊田真由子 暴行事件


豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!


豊田代議士:チ、チ、チガウダローーーっ!


(ボコッという打撲音)


男性;すいません、ちょっ、運転中でもあるので…


音声には、ほかに『うん、死ねば?生きてる価値ないだろう、


もうお前」と言った暴言が記録されている。




もう聞くに堪えない音声である。



男性秘書は、警察に被害届を出すという。



取材に対し、豊田代議士の事務所は、暴行について


「手を挙げてしまった」と認め、お見舞金という


金銭で解決を目指していた。




ハーバード大学院を卒業し、内閣府大臣政務官や



文部科学大臣政務官などを歴任したエリート代議士とは




とうてい思えない、モンスター(異常者)の言動である。





過去をさかのぼって、調べていくと



彼女の暴力は普段から頻繁にあり、1年半で


秘書が20人以上辞めていったというのである。





これは、異常としか思えない事態である。




豊田真由子は、秘書やスタッフに対して、



日常から暴力をふるっており、殴る蹴るはもちろん


ハンガーやバックなどで叩かれたことがあるという。




このことを調べていくうちに、腹がたっのは



もちろんだが、豊田真由子の異常性を



感じずにはいれません。




これは、単なるいじめではなく



はっきりと、暴行事件として取り扱うべきだと思います。





このような異常な精神の持ち主が、国会議員を



していること事態、恐ろしいことです。




警察は、はやく取り調べを行い、



自民党など関係者は、豊田真由美の



辞職勧告をすべき事件だと思います。






これに対して、ネットの反応は、、、



「辞めさせろよ。こんな非常識な人間が、


議員をやる資格はない」


また、「こいつ処分しないと、自民党の信頼が失われるぞ!」


とネット上で批判が相次いでいる。



この件、自民党はどのように対応するか、


じっくり拝見させてもらいますよ。























posted by トムヤンくん at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。