2017年06月19日

安藤ハザマ、本社捜索!領主書改ざん下請けに指示?徹底究明を

「安藤ハザマ」は、汚染事業費改ざん指示を


明かして、謝罪した。


安藤ハザマ 不正疑惑.JPG



こんなことが、起きている。




東日本大震災に付け込んで




準大手ゼネコン「安藤ハザマ」が



汚染事業にからんで、水増し請求し、



延べ8000万円以上を受け取ったことがわかり




当局が、本社の家宅捜査に入った。



なぜこんなことが起きるのか、




信じられない事件である。



調べてみると、田村市から請け負った



汚染事業で、下請け会社に領収書の改ざんを指示し



宿泊人数、宿泊費を水増し請求し



受け取っていた問題で、当局が



家宅捜索に入った。




具体的には、作業員1万1000人を1万5000人に



宿泊費を5000円を5500円に領収書を



改ざんさせた疑いだ。







バブル全盛時代、ゼネコンで働いていた友人に




聴いたことがあるが




現場では、本社に対して、予算を上積請求し



その予算で、今日は焼き肉、明日は寿司、バーなど



使いたい放題だったと、、、。




こんな慣習が今だにあるとしたら問題である。





この問題は、汚染事業という




誰もが触れたくない事業の裏をかいて




やってはならないことをしていたのであるう!




当局の調査究明が待たれます。




再び、このような事件が起きないとも限らない




この汚染事業費は、国の予算から出ている。



つまり、われわれの血税から支払われているのである。




他人事では済まされないのである。




余罪の追及を含め





徹底的に究明してほしいものである。






posted by トムヤンくん at 19:32| Comment(0) | 注目のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中居くん残留、本当の理由は?密室取引『痛魂の叫び!!元SMAP3人を自由に』

稲垣、草ナギ、香取 ジャニーズ退所を事務所が発表した!



中居くん残留、その本当の理由(わけ)とは?

中居正広.JPG




将来の活動と危険性は、、、どうなる?





6月19日早朝、ジャンー喜多川社長のコメントが発表された。





昨年末解散したSMAPの稲垣五郎、草ナギ剛、香取慎吾の3人


が、9月8日付けで、契約満了、ジャニーズ事務所を退所する



ことが18日発表された。



SMAP3人退所1.JPG




と同時に“独立派”だった中居正広は残留。




木村拓哉は、元から残留を決めていた。



SMAPの構図が4対1から、3対1対1に変わってきた。







ジャニー喜多川社長が異例のコメント



『このたび3名が自分たちの決意で、異なる道を



歩み続けますが、どこにいようとも



また、どのような立場になろうとも、彼らを思う気持ちに


変わりありません。今後も5人を応援し続けます』と、



発表した。






このことは、一斉に報道されたり、ブログなどで




流されているので、詳しくは、ここでは申しませんが




SMAPの解散劇は、一応の決着を見たことになりました。






9月6日までは、3人についてもジャニーズ事務所が




マネージメントするわけだが、



その後が心配です!




希望がかなって“よかった”という共感と




将来に対する危険性を



感じています。





ジャニーさんの言うことが額面どうりだとは



ちょっと、受け止めがたいですね。





そういう不安を感じている、ファンや




関係者も多ると思います。






昨年、松本人志が、ジャニーさんにかみついたことが



ありました。




中居くんと松本は、たいへん仲が良かったこともありで、



松本は、『ドライフラワーにされるぐらいなら、



きれいに散った方がいい!』と言い放ったことがありました。





その時は、まだ、中居くんらが独立を模索しているときでした。




かたや、キムタクは、残留を決意。


ひとりで、生きる道を選びました。



(そのかわりに、裏切者扱いをされました)




4月28日に出演した『徹子の部屋』で


黒柳徹子のインタビューに、こう答えていました。




「SMAPの時は、大きな船でしたが、



船を乗り換えれみたら、




自分でこぐのをやめたら、前にに進まなくなる」


と不安と決意をこう述べている。

キムタクは.JPG






さて、3人のコメントは、近日中に聴けると思いますが




あの女性マネージャー飯島氏と新会社を立ち上げて



新たな船出をするだろうと言われている。

飯島三智氏.JPG






ここからが本題だが、独立がそう簡単に行くとは思えません。






とりあえず、今、3人が持っているレギュラー番組やCM契約を




解消しなければならない。





その手間ひまも、厄介である。




それらが、清算されてから、将来への対応になるのだが




テレビの出演は、(スポーツ紙などの報道によると)



この業界の習慣から



1,2年は、テレビ出演はムリだろうといわれている。




なぜか、それは、ジャニーズの圧力が働くから、



からだという。






独立したら、『昨日の見方は、今日の敵!』になるのである。





それは、弱肉強食の世界、どこでもあることだが



芸能界は、それが特に激しい。







分かりやすく、数字で説明します。





某会計士の試算でによると



いわゆる、業界全体のタレント料(俳優、歌手などを含め)は




いくらぐらいあるか?






地上波民放の市場規模が約2兆6000億円。



そのうち、ギャラが約3%と仮定すると



ギャラの総額が780億円前後になる。




その780億円の取り合いが、テレビ業界で


日夜なされる、のである。




例えば、中居くん8億円、キムタク8億円とか


草ナギ君3億円、香取君2億円、吾郎君1億円、


すべて、(推測)となる。

SMAP.JPG





テレビ番組の数は、限られているので、


そのレギュラー枠の取り合いが激しいのである。





3人にとってテレビ出演が無理ならば、




残された道は、




芸能界に近いところで




テレビではなく、舞台へ活路を見出すか、




または、香取君が希望している芸術の道など、





芸能界とは違う道を歩むしかない。









つまり、舞台はテレビ業界とは一線を隔てていて、





ジャニーズの力も及ばないとの見方がある。





いっぽう、テレビ業界は、長年のしがらみや習慣があり



プロダクション、放送局、の力関係で業界が


成り立っているのが、現実である。





だから、ジャニーズ事務所や吉本興業が


ハバをきかしている。






そんなことは、業界の常識であることを



よく知っている中居くんが、ジャニーズに残留を




決めた理由(わけ)・・・



『俺が3人を守る』と言ったことの






本当に意味は、



↓   ↓  ↓

【おれが事務所に残るので



3人の将来に圧力をかけないでくれ、と



事務所側に懇願した】と言われている。(業界関係者)






これが事実なら、中居くんは、



やっぱ男だよなあ!



すごいやつだとなる。





こういう美談が、通じれば嬉しいのであるが、、、




いや、そうあってほしいもんです。







今後の展開を見守りますが




3人の将来に、幸せが来ることを



願っています。
posted by トムヤンくん at 17:33| Comment(0) | 話題のトレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。